フリーランスが意識しておく “税金” について

こんにちは、リーチです。

今回は「フリーランスが意識しておく “税金” について」というテーマで書いていきたいと思います。

お金を稼ぐ・・・。

これまでサラリーマンだった方は、当時は当たり前だったことがそうではなくなります。

しかし、会社と退職してフリーランスとなったら、もうこれまでとは違う次元に住むことになります。

まず、毎月振り込まれていた「給与」がなくなります。

これからは自分で稼いだお金がそのまま給与となります。

その月に稼ぎが0円であろうが100万円であろうが、完全にあなた次第です。

しかし、後々の支払う税金のことも考えなければいけません。

これまで給与から天引きされていた社会保険や所得税、更には消費税のことまで考慮する必要があります。

社会保険は毎月支払う必要があるのでそこまで意識する必要はありませんが、所得税や消費税は基本1年に1回での支払いです。

ですので、「今年は1000万円稼いだから豪遊しようっと」とかやっていると、後で困ることになるわけですね。

さて、これを踏まえて支払う必要のある税金を精査していきましょう。

所得税

所得税は年間の所得に応じて支払う税金です。1月から12月の間の所得の合計が「38万円」を超えると、確定申告をして納税します。

所得と収入の違いについて

まずは「所得」と「収入」の違いを理解する必要があります。

例えば、あなたがとホームページを作成する案件で100万円を売り上げたとしましょう。

この場合の「収入」は100万円ですね。

ですが、その100万円を得るために事前にお金を必要としているケースがあります。

例えば、

  • 打ち合わせに使った交通費
  • ホームページのドメイン費用
  • レンタルサーバの開設費用

などですね。

これらの費用は「経費」ということになり、例えばこれに30000円かかったとすると

100万円-3万円=97万円

となり、この場合の「所得」は97万円ということになります。

この「経費」はただ単にメモしておくだけでは効力がありませんので、きちんと領収書をとっておくようにしましょう。

住民税

住民税の金額は基本的に確定申告から算出されますので、特に申告等は不要です。

こちらも毎月納税する必要があるので注意しておきましょう。

国民健康保険

会社員の時代は社会保険料として給与から天引きされていましたが、これからは「国民健康保険」に加入して毎月支払う必要があります。

納付額は所得に応じて変動していきます。

国民年金

国民健康保険と同様に会社員時代は天引きされていたものですね。

こちらも基本的に所得に応じて納付額は変動となります。

支払いは毎月で、未納や滞納があると定年後にもらえる年金に支障が出ますので、忘れずに納付するようにしましょう。

個人事業税

年間の所得の合計が290万円を超えた場合に発生するものです。課税額は所得の3から5%と言われていますが、業種によっても変動があるようです。

消費税

開業後2年間は意識する必要はありませんが、3年目からはこちらも意識する必要があります。

過去2年間の年間所得が1000万円を超えた場合に発生することになります。

開業直後でも課税の仕組みは知っておいた方がいいです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

住民税や国民健康保険などの毎月支払うものは問題ないかとは思いますが、やはり所得税や個人事業税、消費税は年に1回の支払いで翌年の支払いになります。

例えば12月にその年の売り上げを全て使ってしまったりすると、1月からの税金の支払いに苦労することになります。

また、案件によっては受注と入金が12月をまたがこともあるかと思いますが、この税金の仕組みを意識して調整していくようにすると良いでしょう。

スポンサーリンク
336*280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336*280