半沢直樹の名言!ビジネスで使いたいキレのある言葉

堺雅人さん主演のドラマ「半沢直樹」

放映当時は爆発的な人気を誇り、劇中の決め台詞「倍返しだ!」は流行語大賞の候補に選ばれるほどでした。

ですが、半沢直樹に出てくる名言は「倍返しだ!」だけではありません。

何と7年越しで続編の制作が決まったということですが、ここで改めて「半沢直樹」に登場する名言をみていきましょう。

もしかしたらビジネスシーンでも活用できるものもあるかも知れません。

スポンサードリンク

さっきから都合のいいことばかり書いてんじゃねーぞ記録!

このインパクトのあるセリフは何と第1話で登場します

融資先が粉飾していたことが明らかになった際に融資部から責められ、半沢が反撃した時のセリフですね。

このセリフは書記の人に向けられたものですが、この時の堺雅人さんの迫力に書記の人が「ビクっ」としている細かい演技がいい感じです。

ではお望み通り、弁明させていただきます

こちらは第3話の裁量臨店で、検査員に

「弁明の一つもできないのか…情けない男だ」

と言われて、半沢が反撃を開始したシーンです。

これはぜひ上司に言ってみたい!

スポンサードリンク

今この場でだ!

こちらも同じく第3話ですね。

検査員の小木曽の悪事を半沢が暴いた後に、謝罪を要求するシーンです。

「それは…改めて文書で…」

と旗色の悪い灰田に対して

「今!この場でだ!」

と言い放つ半沢。

さらに渋々頭を下げる灰田に対して

「弁明の一つもできないのか。情けない男だ」

と追い討ちをかけます。素敵すぎます!

やられたらやり返す…あなたに対しては、100倍返しだ!

最終回で半沢が怒りに震えな柄大和田に言い放ったセリフです。

視聴者の大和田に対するストレスを一気に解消し、カタルシスを感じさせてくれるシーンでしたね。

それにしても、視聴者にここまで怒りを感じさせる香川照之さんの演技は素晴らしいですね

スポンサードリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

およそエリートの集う銀行で繰り広げられる言葉とは思えませんが、

理不尽な上司に対して一度は言ってみたい言葉ですね。

個人的には

「ではお望み通り、弁明させていただきます」

を言ってみたい!

これから制作が始まる続編にも期待ですね!

スポンサーリンク
336*280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336*280